" />
雀卓

牌効率を考える

麻雀牌と点棒

牌効率とは、聴牌(テンパイ、手牌の13枚の牌の構成があと1枚でアガれる状態)を最短で手牌で揃える事を目指し、最も効率の良い選択を行う事をいいます。 ゴール部分を聴牌とするか、和了(ホーラ、アガり)とするかは人によりますが、聴牌ではリーチを掛けれる大きな優位性が発生します。

場から情報を集める

手持ち牌

麻雀に慣れていない内は自分の手牌を見る事にいっぱいになって振り込まれたりするでしょう。 ですが、巡目が進むにつれてあらゆる情報を場から得る事ができてきます。それらの情報を考慮して打牌かリーチかなどの判断をしていきます。

データを集める

七対子

現代麻雀という言葉が存在し、他にも科学する麻雀とも言われています。この科学する麻雀はとても役に立ちます。 今はインターネットが爆発的に普及しているので、ネットの麻雀で成績が最も良い麻雀士の成績データと、自分のデータを比べる事ができる様になっています。

本を読むのも手段の一つ

役満

オンラインゲームや実践なども含めて強くなっていく事も良い方法ですが、もっと強くなりたいという人には本を読んで知識を深めるのはどうでしょうか? 麻雀を通しての戦いを描いている漫画などからでもルールやコツを掴めるとは思うのですが、これまでにも色々な著者が書いた書籍が販売されてきているのです。

サイト紹介

麻雀牌

麻雀と聞くと男性が賭け事でやっているイメージで、しかもルールも難しそうで一般の人には少々近づきづらいイメージが付いているのでないでしょうか。 実は麻雀はゲーム性が高くプロの麻雀士も存在し、男性だけではなく女性のプロ麻雀士も存在しています。 麻雀には運や実力を試される要素がありますが、実は頭脳戦の要素もあり、ルールをいくら把握しても最初から最後まで何があるか分からなく、頭だけでは勝つ事ができない奥深いゲームなんです。 また、実は麻雀はややこしいルールと思われがちですが実はシンプルなのです。端的に言うと、絵柄を揃えていらない牌は捨てたりして揃えていくゲームなのです。 最近では麻雀をストーリーの中心とした漫画や、可愛い女の子のキャラクターが麻雀をするアニメなどもあり、ギャンブルや麻雀をしない人にも身近な存在になってきています。 また、頭を使いながら指を動かしていくのでボケ防止にも効果があるらしいです。ですが、適当に牌を捨てたりしてるだけでは面白くはないし勝てません。 当サイトでは、実はやってみるとおもしろい麻雀をもっと楽しめて強くなるコツを紹介していきます。 コツを掴んで行く事で麻雀をより楽しむ事ができ、ハマりすぎて徹マンしてしまうかもしれません。 大阪の昔ながらの雀荘の紹介ならこちら。麻雀のルールを覚えたいなら、やっぱり強い人と実戦するのが一番です。

強くなるためには

麻雀は奥深いゲームでとても面白いですが、慣れている人と対戦するとぼろ負けしてしまう人も多いでしょう。 麻雀は大体が降りる(アガらない)か自分がアガれないとわかった時には流局します。これらならまだ良いのですが一番嫌なパターンは自分が振り込む事です。 振り込むとは、ロンをされるという意味で、麻雀が弱い人は振り込まれる事がとても多いです。それは守備が弱いという事を意味しており、強い人はがっちり守備を固めています。 なので振り込まれないようにしっかり守備を固めて相手から振り込まれないように気をつけましょう。 また、麻雀は基本両面待ちなので「1・4・7(イー・スー・チー)」「2・5・8(リャン・ウー・パー)」「3・6・9(サブ・ロー・キュー)」というスジを覚えておきましょう。 仮に相手が両面待ちをしている場合に、仮に5を捨てたらフリテンルール(自分が捨てている牌・同巡内にすてられた牌・リーチ後に見逃した牌ではロンできない)があるので、34や67で待つという事がなくなり2と8でロンされる確率が低くなります。 また、手牌に安全そうな牌が無ければ点数が高めにならなさそうな牌を切っておき、そうしてドラを避けるようにしましょう。 自牌の守備力を高めながらスジを把握する事で初心者がハマりやすい落とし穴を避ける事で、すぐに負ける事が少なくなるでしょう。